中年からの人生成功術

アクセスカウンタ

zoom RSS つらい腰の痛みを取りのぞく方法

<<   作成日時 : 2015/12/10 22:18   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

私は40代の頃にギックリ腰になったことがあります。

起きがけに突然起きるのも辛くなり。這って動くほどでした。
洗面所で腰をかがめて顔も洗えませんでした。

その時は評判の良い、近くの整骨院で施術してもらいました。
施術の内容は腰の電気マッサージ(肩こりマッサージのようなもの)、腰へメンソール状の薬を塗りながらの手によるマッサージ、最後に湿布薬の貼り付けでした。

それで腰の痛みは随分と改善し普通に歩けるようになりました。

その後は腰の疲れが溜まっているなと思ったら、腰に肩こり電気マッサージを貼り付けて電気刺激をあたえると改善するのが分かりましたから、酷くなることはありませんでした。


しかし、介護の仕事をやるようになったところ、再び腰の疲れが酷くなりました。
でも、私は、導引術を毎日朝と晩に行なっていたので、すぐに疲れがとれました。

介護の仕事はものすごく重労働なので、腰の痛みで、仕事も辞める人も多いとききます。
自宅で介護をしている人も、介護疲れで体を壊してしまう人も多く、最後には仕方なくデイサービスを利用したり養護老人ホームにあづけるようにもなっているのではないでしょうか。


でも、私の行なっている導引術は、腰や肩の疲れをよく取り除けます。一日で効くと思います。


その方法の一部を紹介します。腰と肩の疲れを一回で取り除けます。
いつ消すか分かりませんので早めに御覧ください。





でも、最近さらに酷い腰痛になってしまいました。
導引術をサボったこともありますが、インフルエンザで仕事量が極端に増えたためでもありました。
その場合は以下の導引術を行なうことをオススメします。


酷い腰の痛みを取り除く方法

腰を反らさず、逆に前かがみになって、深いおじぎをするような運動を2〜3回繰り返すのです。
反動を付けないでゆっくりと前かがみになるのです。

最初は痛くて前かがみになるのも怖いと思います。
その場合は曲がるところまででゆっくりと前に曲げて下さい。

注意することは背中を丸めないことです。

しばらくそのままにしていると段々深く曲げられるようになります。
そのときも決して反動をつけて曲げないようにしましょう。

画像



当然、腰の痛い方が「何で、痛くて前かがみなどできるか!」とおおもいだと思います。
その場合は膝に手をおくなど、曲げられるところまで曲げます。
膝はまっすぐにして下さい。

この方法は非常に強力です。
「何でこんな簡単な方法で痛みがとれるの?」と不思議にもなると思います。
でも、効くのです。不思議ですね。。


昔、導引術の本を読んで効果がありそうだと知ってはいたのですが、実際に介護の重労働をして腰の疲れが半端無くキツイ状況におかれたところ効くのが実際に分かりました。

導引術はヨガや気功などとルーツは同じですからヨガを行なっている人も同じポーズがあるようです。
人類の長い歴史のある健康ポーズなので下手な薬や注射よりも安全で効果があるのではないでしょうか。。

これを読んでいるあなたが腰の痛みに悩んでいるとしたら非常にラッキーだと思います。
私は医者ではありませんので良くなると断定はしませんが、痛気持ちのいいところまで曲げて決してムリしないで行なうだけで効果があると思います。
是非試して見て下さい。

効果があったら報告してもらえると幸いです。


朝の疲れを取る方法
疲れを取る方法その2 全身の疲れに
疲れをとる方法その3「肩&首の凝りに」
疲れを取る方法その4「腰&背中の痛みに」
疲れをとる方法その5 「疲れ目・頭痛を改善する方法」
疲れを取る方法 その6「手足の重み、むくみに」
疲れを取る方法 その7「座りっぱなしの足の疲れを取る方法」
疲れを取る方法 その8【頑固な足の疲れは寝る前に取る】
疲れをとる方法 その9 お腹からのSOSに【内臓全体の快調ワザ】
疲れをとる方法 その10【食欲不振に効く食べ物】
疲れを取る方法 その11「入浴と睡眠」
疲れを取る方法 その12【快眠のコツ】
疲れを取る方法 その13【不眠解消】
疲れをとる方法 その14「イライラ、憂鬱に。」
疲れを取る方法 その15【落ち込み気分の回復術】
疲れをとる方法 その16【ストレスを緩和する食べ物】
疲れをとる方法 その17【心を静める呼吸法と瞑想法】
疲れをとる方法 その18 【心が安らぐ空間作り】
疲れを取る方法 その19 スポーツ、遊び疲れに
疲れをとる方法 20 疲れが招く危ない症状
疲れをとる方法 21.【我慢できない不快な症状に】
疲れをとる方法 22.【放っておくと危険な症状】

腰の痛みの克服法
つらい腰の痛みを取りのぞく方法
つらい腰の痛みを取り除く方法その2

疲れを取る食べ物その1納豆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして
腰痛の記事 読まさせていただきました。
私も 40代で ギックリをやってからは
腰痛と付き合っています。接骨院へも
時々 お世話になっています。
ビデオでは あぐらで 背筋を伸ばし
左右に振るのですね。
写真のような 前屈は 体が硬くて
手は床に届きませんが・・・
腰に不安を感じたら やってみます。
象山
2013/05/12 17:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
つらい腰の痛みを取りのぞく方法 中年からの人生成功術/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる