中年からの人生成功術

アクセスカウンタ

zoom RSS 近視を改善する方法

<<   作成日時 : 2013/04/28 15:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今日は近視を改善する方法についてお話します。

私は10代に近視となりはじめましたが、普段はメガネをかけてはいませんでした。
そのせいか酷くなることもありませんでしたが、
仕事を初めてとくにプログラムを組むようになってから急に悪化して来ました。

それは20代の後半からでしたが、プログラマーは納期に追われましので、
朝から晩まで休憩も少なく仕事をする日々が続きました。

画面を見つめていると目が疲れてよく見えなくなるので、より近くで画面をみるようになっていたのです。
とくにCRTなどのディスプレイは紫外線が出ているので目に良くなかったようです。

現在、ブルーライトが目に良くないということで、JinsPCがブルーライトを軽減するメガネを発売していて
よく売れているようですが、それをかけると疲れが軽減されるような気がします。

今はプログラムの作成はしなくなりましたが、インターネットを使った情報集めやワープロなど、相変われずCRT(液晶画面)を見ることが相変わらず多いのでJinsPCのメガネは必須です。


極端な近視の人などはレーシックで目の手術を行なって近視を改善する方法が流行っています。
私の周囲にもそういう人がいますが、年齢とともに視力の変化があって、再手術なども必要とする場合もあるようです。

また、手術のリスクや費用などを考えると私はレーシックはオススメしません。
それよりは寝ている間にコンタクトを付けてるだけで視力が良くなる方法があるようです。

コンタクトレンズで角膜の形を変形させる方法のようです。
オルソケラトロジーという方法で、一晩でかなり改善できるようです。
定期的に視力の変化に合わせてコンタクトの度合いを調整する必要はあるようですが、
手術するよりは安全でしょう。

ただ、このコンタクトを付ける方法も付けるのが面倒だし、付けないでいると視力が元に戻るそうです。

完全ではないのですね!

それと、そもそも、視力が低下するのは目の疲れが原因だと思います。
目に新鮮な血液が巡っていれば疲れにくくなるし、視力も回復すると思います。


ここに紹介する近視改善法は目の疲れを取るので近視はもちろん乱視や遠視にも効果があるようです。

88.8%の方がその場で視力を回復させた方法

画像



近視を治す方法
近視遠視を自分で治す方法
レーシックをやってはいけない

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 2013
近視を改善する方法 中年からの人生成功術/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/09 12:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
近視を改善する方法 中年からの人生成功術/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる