中年からの人生成功術

アクセスカウンタ

zoom RSS 腰の疲れを一日で取る気功法

<<   作成日時 : 2012/12/05 08:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

腰に不安はありませんか?

私も40代になって仕事に責任が重くのしかかった頃に
ぎっくり腰になり整骨院に通ったことがあります。

そのときは腰と首の牽引や腰のマッサージで回復することができました。

その後は、疲れが来た時に自分でマッサージをすることで
殆ど腰に不安のない生活をしています。

関西支店に移ったときは、店長がヘルニアにかかり
手術をしてもなかなか改善しないという状態を見ました。

腰痛は多くの日本人に悩みの種となるでしょう。

日本は、超老人社会になりつつあります。

平均寿命が伸びるにともなって痴呆などの症状が出たり、
転んで骨を折ったり脳梗塞、糖尿病などの血管系病気の
リスクが高くなります。

一旦病気にかかると、病院にいきますが、
いずれ退院しなくてはなりません。

退院してもトイレ・オムツや食事の介助が必要ですから、
家庭の負担も大きくなり、訪問介護やホームへの入所を利用するようになるのです。

おそらく、日本の殆どの人たちの家族や親戚の誰かが、
介助を必要としていることでしょう。

介助をしていると自然に腰への負担がきます。
きちんと腰の疲れをとっておかないと腰痛がはじまり、
介助どころか自分が歩けなくなる場合もあります。

介護が必要になると、介護する側もされる側も腰を痛めることが増えるのです。

実際に私が勤めている特別養護老人ホームでも、
職員の多くが腰を痛めて、職場を変えざるを得なくなっています。

また、入所される理由も家族の肉体的負担が大きくなり、
かえって介護する側が寝込んだり、
先に亡くなったりして、面倒を見る人がいなくなったりなどです。

これからの日本社会は腰を丈夫にしないと自立できる老人になれないし、
介護する側にもなれないのです。


介護の仕事は非常に肉体的な負担があります。
夜勤では2人から3人の職員が50人余りの利用者さんの介護を行います。


一晩に2回以上のおむつ替えと二時間弱毎に床ずれ(褥瘡)防止の為の体位交換を行います。
体位を自動で替えてくれる床ずれ予防のエアマットは費用が高いために利用できない人も多いです。


失禁があると手足の関節が硬くなり動きにくくなったからだの利用者さんの下着やパジャマ、シーツなどの交換を行います。
最近は体格の良い利用者さんが多いので、車椅子やベットの移乗でも3人がかりの人もいます。
また、皮膚が薄くなり弱っていますので、ちょっとでもぶつけるとアザになったり、
擦りむいたりしないように、無理な体勢で動かす場合も多いのです。
そうすると益々腰の負担は大きくなるのです。

このブログを見ている人に若い人もいるかも知れませんが、老化は誰もが経験するハズです。
日本の医療費の増大も介護に関する費用のせいもあるでしょう。

でも、目を据えて考えていくべき問題だと思います。


そんな仕事をこなしている私ですが、コルセットも付けず、腰は元気です。

それは、腰の疲れを一日でとる方法を行なっているおかげです。


腰の疲れを一日で取る気功法を動画で紹介しています。

100万円以上をかけて習得した秘伝の技ですので削除する可能性があります。
早めに御覧ください。

以下のメルマガに登録するとご覧いただけます。
 ⇒ http://infinityinfo.xsrv.jp/healthmelmagat.html


以上

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
腰の疲れを一日で取る気功法 中年からの人生成功術/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる