中年からの人生成功術

アクセスカウンタ

zoom RSS 不眠症の改善と問題解決の方法

<<   作成日時 : 2012/09/01 22:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

人生を成功するには十分な睡眠が欠かせません。

以下のような睡眠衛生学の方法で解消してみましょう。


効果的な睡眠衛生学について、いくつかヒントをご紹介します:

・決まった時間に就寝起床をする習慣をつけましょう。

 週末や休暇中でもそれを守りましょう。


・睡眠時と性交時のみ寝床を使いましょう。

 読書、テレビ鑑賞、仕事は寝床でしないでください。
 ベッドや布団で過ごす時間が長いと、眠りが浅くなるようです。


・午後の昼寝はやめましょう。

・夕食前に運動しましょう。

 運動後数時間で、エネルギーレベルが低くなります。
 そのため、睡眠に入りやすくなるのです。
 就寝間際の運動は目が冴えるのでやめてください。


・就寝の1時間半〜2時間前に、おふろに入りましょう。
 身体の芯まで暖まり寝つきやすくなりますし、
 眠りが深くなります。
 寝る直前のおふろも、目が冴えるので控えましょう。

・就寝前の30分間は、何かリラックスできることをしましょう。
 読書、瞑想、および散歩といったものが
 良いでしょう。

・寝室は快適な室温に保ちましょう。
 少し涼しいくらい温度の方が効果的です。

・時計を見ないでください。
 眠れないと感じる時に時間を気にすると、
 よけい眠りにくくなります。

・就寝前の4〜5時間の間に、
 軽い食事を摂りましょう。
 就寝前の軽食は睡眠を促しますが、食べ過ぎると逆効果です。
 食事は寝る2時間前には終わらせるように心がけましょう。

・毎日30分は日光浴しましょう。
 朝早いうちが効果的です。
 日中の強い日差しは避け、長袖の服や帽子、サングラスなどを
 着用して、紫外線から身体を守りましょう。

・就寝前に水分を摂らないでください。
 トイレに行きたくなり、眠りが妨げられます。

・就寝前の数時間は、カフェインなどの刺激物を摂らないでください。

 寝る時間の4〜6時間前までは、
 眠りを妨げる刺激物は摂らないことがお勧めです。

・就寝前に、飲酒してはいけません。

・15〜20分たっても眠れない場合は、別の部屋へ行って、
 眠くなるまで暗めの灯りの下で本を読んだり、
 静かな行動をしたりしましょう。
 テレビを見たり、明るい光をつけたりしてはいけません。

・就寝直前は、静かな時間を過ごしましょう。
 1〜2時間前に、しばらくの間、リラックスした気分で瞑想しましょう。

・寝室には、眠りに関する物だけを置いてください。
 食事、読書、喫煙、飲酒、テレビ鑑賞といった行動はやめましょう。
 寝室は落ち着ける場所にしておきましょう。

・一緒に寝ている人が気になる場合は、2〜3日間、ソファーや、
 他の寝床で寝るのも効果的です。

・眠れない場合は、寝床から出ましょう。
 寝床を離れて別の部屋に行き、疲れたら戻りましょう。

以上のような睡眠衛生学の方法で多くの不眠症が改善されるでしょう。

また、弛緩法や腹式呼吸などのリラックス方法も効果的です。


心配事があると中々眠りに入れないものですが、
くよくよ考えても解決できるものではありません。

キッパリと考えるのを止めて、楽しかったことを思い出しましょう。
そうすると自然に眠れるものです。

また、眠っている間に潜在意識が働いで、思ってもいなかった解決方法が浮かぶものです。
緊張して眠れない状態では、決して解決法は浮かばないでしょう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不眠症の改善と問題解決の方法 中年からの人生成功術/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる