中年からの人生成功術

アクセスカウンタ

zoom RSS 人生を成功に導く悩みの克服 その4

<<   作成日時 : 2011/11/06 11:12   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日も悩みを克服する為の七つの簡単な方法の続きです。


その4

どんな問題でも解決策はあるものです。
そうでなければ、そもそもそれは問題とは呼ばれなかったことでしょう。

 悩むということは、心をかき乱す問題を克服する能カが自分にあるかどうか、
わからないということなのです。

 問題を悩みの原因と受けとめるのではなく、自分の能カヘの挑戦と受けとめれば、
まったく新しい精神がそこに生まれてくるはずです。

 心をかき乱す問題にうち勝つことで、奮い立つような満足感を得ることができるのです。


その5

「悩みは、悩みを解決する手段を講じようとするのを邪魔するものです」

 ある男性は、何日も悩みぬいたあげく心理学者のところに相談に行って、こう言われました。

 「この問題でだいたい何時間ぐらい、悩まれましたか?」
 彼はしばらく考えてから、「およそ10時間ぐらいでしょうか」と答えました。
 心理学者はこう忠告しました。

 「今日は5時間だけ、問題を解決する方法や手段について建設的に考えることに使ってごらんなさい」

 彼はちょうど3時間だけ、論理的で建設的な計画を立てることに使ったのです。
すると悩んでいたと思われる時間は、いつもの3分の1以下になっていました。

 ここでは、あなたの心をかき乱す問題を建設的に考えるように、自分白身を訓練することなのです。

 はっきり言えば、悩んでとどまるか克服するかのただ一つの違いは、態度の問題、
ただそれだけなのです。


 建設的な精神をもっている人は、どんな目にあおうと苦労とは思わず、
たんに人生の道筋の一つのステップと考えるものなのです。

ひとりの大学生がある会社を相続した。その会社ははとんど破産寸前でした。

たくさんの負債をかかえ、売り上げは少なく、設備も新しいものと取りかえる必要がありました。

 しかし、この精カ的な若者は、こうした情況を重苦しい悩みとは受け取らず、
直面している問題に対して、興味深い立場を取ったのです。

こう自問したのです。

 「この問題が、大学で出題された研究問題だったなら、
私はどうやってこの問題を解決しただろうか?」

 こうなるとこの質問の答えを出さないわけにはいかないでしょう。

 だから彼は、「答えは必ずある」という精神でこの問題に立ち向かい、
ついにその答えを発見したのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人生を成功に導く悩みの克服 その4 中年からの人生成功術/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる