中年からの人生成功術

アクセスカウンタ

zoom RSS この世のすべては自分の心の鏡

<<   作成日時 : 2011/11/28 23:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 1

脳科学的によると
内部表現とは、ものすごく簡単にいえば、人が認識している世界のことであり、
脳内における世界と自我を現す専門用語です。

 自分が見ている物理的な世界、自分がこれまでに経験した記憶、現在考えている思考、
自分の価値観、自分が感じている感情……。それらすべてが内部表現なのです。

 つまり、自分の脳と心に映るすべての世界を内部表現といいます。

 自分が認識している世界は、唯一無二の世界ではありません。
たとえ同じ場所にいても、人によって見えている世界は異なります。

 男女で街中を歩いているとき、1台の白い車が目の前を通り過ぎたとします。

車に興味がある男性は、「トヨタのプリウスだ!」などと、
どのメーカーのなんという車種かを認識します。

 一方、車に興味のない女性は、単に「白い車が通った」としか認識しません。

 視覚によって認識された情報は、視覚野から大脳新皮質に伝わり、脳内に蓄積されます。
それが各個人の内部表現を作り出します。

 このように、現実世界でさえも、人によって認識が違う。内部表現は違うのです。
 仮想世界では、より内部表現が違うのは明らかでしょう。

自分が考えていることが、他人とまったく同じということはありえないからです。

 たとえ恋人同士が幸せな時間を過ごしていたとしても、思考が同じだということはありません。
極端な話、女性は将来の家族像を思い描いているかもしれないし、
男性は明日の仕事のことを考えているかもしれないのです。

 要は、自分が認識している世界、つまり内部表現は人によって異なるということです。

 内部表現とは、あくまでも自分が作り出した情報のことなのです。

 自分だけで作り出したというと、少し語弊があるかもしれません。
自分の内部表現は、親の影響、教育の影響を強く受けているからです。

育った環境によっても、内部表現は変わってきます。

 また、テレビなどのメディアの影響も強く受けます。
あらゆるメディアで「地球温暖化だから、二酸化炭素の排出量をへらさないといけない」といわれれば、
誰でも「そのとおりだ!」と思い込んでしまうでしょう。

本当は間違っているかもしれないにもかかわらず、そう認識してしまうのです。

内部表現は自分で作り上げたものではなく、ほかのものから洗脳されているといったほうが正確です。

 洗脳された情報が脳に蓄積され、内部表現を作り出しているのです。

ここでは、自分の脳が内部表現を作っているという意味で、自分が作り出したものだといっています。

 重要なのは、自分の内部表現は情報だということです。

 自分の内部表現(自分が認識している世界)が情報だとわかれば、
「内部表現を書き換えられる」ということが理解できると思います。

 情報を書き換えればいいだけだからです。

 内部表現(情報)の書き換えは、洗脳と同じことです。

 他人の価値観やメディアの間違った情報によって、知らない間に洗脳されるのではなく、
自分が思い描く理想の姿を自分に洗脳するほうが、より幸せな人生を送れるはずです。

 そして、内部表現を書き換えるいちばん簡単な方法が「気功」なのです。


************ 夢が勝手にかなう 「気功」洗脳術より 苫米地氏 著

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 2013
この世のすべては自分の心の鏡 中年からの人生成功術/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/09 23:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
勿論哲学的な題材ですよ。
当然心理学的な考え方ですよ。
無論精神分析学的な思想ですよ。
寧ろ文学的なイメージですよ。
電車男。
2012/12/26 08:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
この世のすべては自分の心の鏡 中年からの人生成功術/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる