中年からの人生成功術

アクセスカウンタ

zoom RSS 腕組みする営業マンは売れない

<<   作成日時 : 2011/04/05 20:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は「腕組みする営業マンは売れない」です。

 お客と営業マンでは、どちらが立場的に上なのか?
すべての営業マンが「お客」と答えるでしょう。

 しかし、頭ではそう思っていても、いざとなると忘れてしまう営業マンがいるものです。

ちょっとした態度のはしばしに、お客を見下ろす姿勢が出てしまうのです。

むろん、無意識の行動であっても、お客が「態度が大きい営業マンだな」と受けとめ
れば、意図的にそうしたのと同じ結果になるのです。

 まず、もっともダメなのは「腕組みする」営業マンです。

考え事をするとき、人間は自然に腕組みしてしまうものです。
集中するには、外からの刺激をシャットアウトし、内にこもる必要があるからです。

 しかし、心理学や動物行動学では、それは他人を寄せつけない姿勢とされており、
営業マンにとってはタブーと言っていい姿勢なのです。

いきなり営業マンに腕組みされたお客は、どう感じるでしょうか?

自分を拒否されたような不愉快な気分になることは間違いありません。

少なくとも「商談を先に進めよう」と思うことはありません。

 営業マンとしては、お客の意見や要求を真剣に考えるつもりで、
無意識のうちにとった姿勢でも、お客の気持ちを冷やしては元も子もありません。

そこに気づかなければ、営業マン失格です。

 さらに、腕を組む姿勢は、単純に言って「えらそう」に見えます。
威圧感をともなう姿勢であり、そんな意識はまったくなくても、
「自分のはうが上だ」と言うに等しいことにもなるのです。

お客がそんな営業マンに好意を抱くはずもなく、まとまりかけていた商談も、
暗礁に乗りあけることになるでしょう。

 腕組みするクセのある営業マンは、いますぐ改めること。

それだけで、営業成績に好結果が表れるはずです。

なお、異性に接する場合も同様です。
腕組みするクセのある人は、異性からも敬遠されるでしょう。

嫌われるために意識的にするのは効果があるでしょう。

中年人生成功術 最高のセールスマンになる方法再販権付

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
腕組みする営業マンは売れない 中年からの人生成功術/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる