中年からの人生成功術

アクセスカウンタ

zoom RSS 熾烈なアフィリエイト競争に勝つ方法

<<   作成日時 : 2011/02/20 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は熾烈なアフィリエイト競争に勝つ方法について面白い記事があったので紹介します。

私も、ネットで販売を行っていますが、同業者の中に、値引きで顧客を捕まえようとしている
人が大勢います。

しかし、大した利益も上げてはいないのではないかと考えられます。
顧客リストを集める為だとしても、余り良いお客ではないでしょう。

皆さんは値段で物を買っていますか?
確かに同じ製品なら少しは安いものを買いたいでしょうが、
安物買いの銭失いというように、安い物ほど粗末に扱い、無駄になるものです。

本も中古の安いものを買って勉強するよりも定価で買ったものの方が、
良く勉強に身が入るといいます。
ダイエットや美容に関しても、値段ではなくて結果を求めている筈です。

ここに紹介する記事は、
「アフィリエイト戦争勝利法」という電子Bookからの
抜粋になります。

ここから********************

リベート!

市場では、今、リベートが大ブレイクです。

どこもかしこもリベートです!

店舗販売では、コンピューター、家庭電化製品、車にいたるまで、
「メールイン」リベートやインスタントリベートというシステムで、値引きが行われています。

インターネット上では、リベートは当たり前です。
プログラム、ソフトウェア、製品&サービス。

あらゆるものにリベートが提供されています。


リベートとは、かんたんに言えば、高級な服を値引きすることです。

基本的な考え方は、これと同じです。

顧客は、プログラムを買うにせよ、ソフトウェア、製品、サービスを買うにせよ、
表示価格より安い値段で買うわけです。

顧客は、格安で購入できたことになります。

おわかりですか?

しかし、ここで問題です。

売り手には、何の得があったのでしょう。

その答えはかんたんです。

まあ、商品が売れても、定価で売るほど儲からないわけです。


プログラム、ソフトウェア、製品およびサービスに50%のリベートをつけて販売すれば、
定価販売の2倍の個数を売らないと、儲けが同じになりませんよね。


アフィリエイトマーケターがそんな商売をすれば、利益を度外視しているとしか思えません。

アフィリエイトマーケターが顧客に提供するリベートは、コミッションから出ているからです。

例:20,000円の製品を販売して、儲けが10,000円とします。

つまり、5,000円のリベートを払えば、コミッションはわずか5,000円になって
しまうことになります。


これでは、たいした利益が上がりません。

これは、得策ではありません。

幸いなことに、高額リベートを出すよりも、もっといい方法があります。


多額のリベートに飛びつくのは、「ケチ」な客だけです。

ケチな客は、どんな場合でも、定価で買ったりしないものです。

単に、タダでものを手に入れたがっている人たちです。

そんな人たちのために、自腹を切るのはばかげています。

そんなケチな客とは、すっぱり手を切りましょう。

リベートに関する結論:客に定価で買ってもらえるような動機づけをしましょう。

インセンティブボーナスは、リベート提供よりもいい方法です。


上客をつかまえることができます。

ずっと商品を買ってもらえるようになりますよ。


アフィリエイトマーケターの多くは、こう考えます。

インセンティブボーナスを提供して、定価で買ってもらえるようにするなんて
面 倒なだけだとね。

ボーナスインセンティブを探すよりも、リベートを提供するほうがずっとかんたんで
手っ取り早いと言うのです。

どうお思いですか?


いいでしょう。

それは私も認めましょう。

リベートや値引きは、確かに手っ取り早い方法です。

ボーナスインセンティブをつけて、顧客に定価で買う価値ありと思わせるより
ずっとラクでしょう。

しかし、最善の策というわけではありません。


大幅プライスダウンなど、50%のリベートに飛びつくのは、ケチな客だけです。

しかも、一度おいしい想いをすれば、次も、また次もと、同じ要求をしてくるでしょう。

peanut gallery(桟敷席)全体で働けるのに、その中のわずかな peanut のために
働くことになってしまいます。


大幅プライスダウンとか、高額リベートを提供するような生ぬるい仕事をする
アフィリエイトマーケターのことなど、忘れてください。

時間のむだです。

こんなぬるいマーケターの相手になるのは、ケチな客ばかり。

あなたのライバルにはなりません。


苦労して苦労して、素晴らしいインセンティブボーナスを探し出してこそ、
顧客が定価で買いたくなるのです。

だらけたアフィリエイトマーケターたちなど、放っておきましょう。


製品やサービスのリベートや値引きについて考える前に、
そもそもあなたがアフィリエイトマーケターになった理由を考えてみてください。


かつかつの生活をするために、アフィリエイトマーケターになったのですか?

定期的に相当な収入を得て、あなたとご家族の暮らしをよくしようと
お考えになったのではありませんか?

ようやく暮らしていける程度の収入なんて、求めていませんでしたよね?

このようにお考えください:定価以下で製品を販売するごとに、
当然受け取るべき正当な報酬が削られているのです。

あなただけでなく、あなたのご家族にも影響してきます。

不満に思いながら、その状態に甘んじる必要は断じてありません。

質の高い製品やサービスを販売するのですから、
高額リベートや大幅値引きは必要ありません。


人々は、その製品やサービスが欲しいから、代金を払うのです。

顧客が製品やサービスを買いたくなるようなインセンティブボーナス
探しに奔走すれば、当然もらえる利益をみすみすふいにしなくてすみます。


値引きやリベート提供はやめてください。

かわりに、製品価値を高めましょう。

これだけは覚えておいてください。

製品やサービスを安く売るよりも、製品価値を高めることです。

人々は、必ずしも値引きやリベートに価値を見出しませんよ。

うまいことを言って、製品を買わせようとしているのだと思われますよ。

始めから、定価どおりの価値なんかないだろうと言われますよ。


リベートや値引きに飛びつくのは、ケチな客だけです。

上客は、最高のインセンティブがつく場所で買います。

最高のボーナスインセンティブをつければ、得意客をつかむことができます。

そうすれば、製品やサービスをいつも定価で買ってもらえますよ。

************ここまで

いかがでしたか?

今の日本はデパートなどの高価な物が売れなくなっている時代です。
ユニクロやH&Mなどの比較的安価で高品質なものが増えたせいで、
スーパーでも安いものが溢れています。

しかし、食料品は別にして、衣料品はいくら値引きしても売れない時代に
なっているようです。

ハッキリいって今の日本人の家庭には洋服が溢れていて、
安いだけでは売れなくなっているように思われます。

関西の宝塚に住んでいた時にデパートのおばちゃん店員に勧められて
ポロシャツばかりを着ていたのにおしゃれなTシャツと上掛けのシャツを
買いました。

今までの洋服に関するイメージがかわりおしゃれに目覚めた瞬間でした。
それからは、比較的高価なものも楽しみながら買うようになったのです。

それに比べて現在住んでいる東京のデパートでは、
余り店員がお客様にコーディネートなどを勧めていません。

巷は定年退職した団塊の世代の人たちに溢れています。
そういう人たちはお金も持っている筈ですが、
お金を使わないので、今の日本の景気が悪いのだと思います。

それは仕事一筋で過ごしてきたために、遊びを知らないせいでしょう。
イタリア人のようにちょい悪親父になっておしゃれをして軟派するぐらい
に人生を楽しみ、あそびも行えば、頭や体の老化も少なく、
日本の景気も良くなるでしょう。

つづく


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
熾烈なアフィリエイト競争に勝つ方法 中年からの人生成功術/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる