中年からの人生成功術

アクセスカウンタ

zoom RSS 気功法による即効の”二日酔い”撃退法

<<   作成日時 : 2010/10/20 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

酒は「百薬の長」と言われます。
アルコールは緊張した体を解きほぐし、リラックスさせてくれます。
また、殺菌作用もあるので、邪気を取り除くことにもつながります。
そこに薬の中の薬と呼ばれるゆえんがあるのです。

しかし、ご存知のように飲み過ぎてはやはり体を壊すことになります。
何であっても過ぎたるは及ばざるが如しです。
 仕事がハードで、心も体も緊張しっ放し、
そんな一日が終わった後の一杯は実にうまいものです。
興に乗じて、ついつい飲み過ぎてしまうこともあるでしょう。

次の日の朝、布団から出ると、頭はガンガン、胸はムカムカ、
そんな経験は誰でも一度くらいはあるのではないでしょうか。
それでは、今日の仕事に差し支えることは間違いなしでしょう。
そこで、薬でも飲んでスッキリさせようと思うその前に、
次の気功法を試してみると良いでしょう。

二日酔いというのは、飲み過ぎたアルコールが、
肝臓で分解処理を仕切れなくなったため、
毒素(主にアセトアルデヒド)が大量に血中に残っていることで起こります。
その毒素を含んだ血液は脳にも巡るので、頭痛を引き起こしてしまうのです。
この毒素であるアセトアルデヒドは、かなり毒性が強いのです。
慢性化すると脳細胞が麻痺して、アルコール中毒を引き起こしてしまいます。

 本来、このアセトアルデヒドという毒素は、肝臓でさらに分解され、
無毒化されるものであります。
しかし、肝臓の分解許容量を超えてしまうほど大量のアルコールを摂取すると、
分解し切れなかった毒素は体内に流出してしまいます。
ですから今一度、肝臓に頑張ってもらう以外に方法はないのです。

 その方法は実に簡単です。まず、ぬるめの風呂に入ります。
それから追い焚きをして湯の温度をどんどん上げていき、我慢できるだけ我慢します。
これ以上は茹で上がってしまうというところで湯船から上がります。
注)血圧の高い人はあまりお勧めできません。

これは、体一切の解毒法といいます(フグ中毒にも有効だとされるくらいです)。

 その後、椅子などに腰掛け、左右の足の親指を1分くらいずつグルグルと回します。
もちろん手を使ってかまいません。

 体がスッキリしたら、またその日の夜から飲んでもかまいません。
ただし、酒はなめるようにチビチピと飲むことが大切です。
言っておきますが、この方法はあくまでも対処療法であり、
酔わないための予防法ではありません。
また、この方法を毎日繰り返すようでは、将来の成功など見えてこないでしょう。

何事も節度を守ってこそ、特に酒は節度を守ってこそ楽しいものです。
二日酔いではよい気を練ることなどできませんので、
まずは、体をシャキッとさせるための方法であることを忘れないでください。


つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
足がやせるトレンカとは 使ってみた感想
トレンカをはいて美脚になる!簡単足やせダイエット ...続きを見る
足がやせるトレンカとは 使ってみた感想
2010/10/22 19:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
気功法による即効の”二日酔い”撃退法 中年からの人生成功術/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる