中年からの人生成功術

アクセスカウンタ

zoom RSS 「朝の気」をフル活用して大成功したビジネスマン

<<   作成日時 : 2010/09/07 18:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日からは「朝の気」をフル活用して大成功です。。

健康もビジネスも「気」を高めればうまくいきます。
それは人間本来の姿に戻れるからです。

「朝の気」をフル活用して大成功したビジネスマン 私の友人に有能な自動車のセールスマンだった男がいます。
彼は常によい営業成績を上げていました。

そして、よく新人のセールスマンたちから、
 「どうしてそんなによい成績が上げられるのですか? 
どうすればそんなに売れるようになるのですか?」 と聞かれたそうです。

彼の答えはいつも決まっていて、
 「セールスは物を売ることではない。
自分の”気”を売り込み、お客様を好きになることだ」
 と応じたといってます。なるほどと、うなずける話です。

客に対して義務的に物を売りつけるのではなく、
相手を心の底から好きになり、好意的に接するなら、その気を感じた顧客も、
「どうせ買うならあの人からにしよう」
「次の車検まであと二年間乗ろうと思ったけど、買い替えようか」
 ということにもなるでしょう。

 彼は、後にその企業を退社しましたが、まったく違う業界で働いている現在でも、
昔の顧客から年賀状が届き、また、つき合いが続いている人も多いそうです。
これは人の「気」が、他者の「気持ち=気」を動かした大きな成果の例です。

 また、ある化粧品の訪問販売で成功している知人も、
「どうすれば売れるのか?」
 といった質問をよく受けていたそうだ、そんなときに彼女は、
「本当にその商品を好きになること。
その商品が好きで好きで仕方がなくなったら売れるようになるもの」
 と答えたといいます。
 それを聞き、若いのによく気というものを理解しているものだと感心しました。

電化製品などなら、ある程度はカタログなどで商品のよしあしを判断できます。
問題と云えば値段が安いかどうかくらいでしょう。

ところが化粧品や健康食品となると話は別です。
使ってみないと自分の体に合うかどうかも分からない面があるからです。
実際、彼女でさえも、セールスを始めた当初は、
どのお客さんにも半信半疑の顔をされたそうです。

営業マンが自分の売る商品を心から好きでもないのに、
相手に商品のよさが伝わるわけはありません。
一つ売ればマージンがいくらで・・・などと考えていればなおさらです。
無意識にその気が相手に伝わり、
「さっさと帰れ」と追い立てられてしまうでしょう。

しかし、彼女は自分の肌でその化粧品を試し、
本当に良いものだと納得し、本当にその商品が好きになったそうです。
セールスでは相手を納得させなければ、
その人を顧客にすることはまず不可能です。

商品に対して気を集中し、「本当によいものだ」という信念を持てたことが、
顧客に「一度試してみようか」という気持ちを起こさせたのです。

先の二人に共通するものがあります。
それは「朝」を大切にしたということです。
「ただがむしゃらにセールスに没頭していただけではない。」というのです。

そこには明確な計画やビジョンがあっただけではなく、
さらに、「朝の効用」をふるに活用していたのです。

まず、成功に一番必要な条件である「熱意とプラン」を捻出するために、
朝10分、いつもより早く起き、
脳と体を活性化させる超気功を実践したのです。

人間は誰しも、自分の意志で行動するのは楽しい。
やらされて行うのは疲れますが、自分の好きなゴルフ、
つりなどではバリバリとやれるものです。

山の上に使いに行くのは疲れるが、
大好きなスキーに行くのであれば疲れないのです。
バケツの水は軽いほうがいいが、金だったら重いほうが良いといった具合。

これを自発行動といいますが、この自発人生こそ、
まさに「朝10分間」の使い方によって決定されるのです。

さて、ここで「気」にとっての「朝」の重要性について解説しましょう。
朝は、自発行動を起こす起動ポイントなのです。
朝に何かをする、何かを考えることが、
その人の心をしだいに変えていくのです。
つまり、今の自分の持つ気を、新たな方向に向けさせるのに、
朝は最適なのです。

「潜在意識」という言葉を知っているでしょうか?
意識しない意識、つまり「無意識」です。
人は誰でも自分の意識の中で行動していると思っているでしょうが、
実は「無意識=潜在意識」という「自己]が、
思考から行動まで、人のさまざまな面を支配し、かつ操っているのです。

つまり、潜在意識とは、その人の気を構成する大きな要素なのです。
ですから、潜在意識の活用しだいで
人生が大きく左右されると言ってもよいのです。

 イライラするとつい爪を喘む、怒られると謝る前に言い訳をしてしまう、
グラフや数式の多い本を見ると読む気がしなくなるなどなど、
人間の何気ない行動、自然に湧いてくる思考があります。
これらは両親や先祖から受け継がれている遺伝子に組み込まれている
行動パターンや思考パターンが基本にあって、
さらに、生まれた後に学習や経験によって後から組み込まれたものが
合わさっています。

 これらはすべて、潜在意識のなせる業です。
人間は、生まれたときから、そう行動するようになっていたり、
そう思うようになっていたりはしないのです。
そうした無意識の行動を認識しているとか、
こうした行動はやめようと考えるのが「意識下」の自分です。
意識してもやめられないというのは、潜在意識にその行動なり、
思考なりが刷り込まれてしまっているからなのです。

 つまり、現在の自分を変えるということは、
今の潜在意識を塗り替えればよいということなのです。
潜在意識が変われば、人間の行動は自然に変化するのです。

 その潜在意識を変えるのに「朝」が大いに役立ちます。
朝は、いわば生命の誕生の瞬間と同義ととらえられます。

つまり、真っさらな状態なのです。まだ何も考えていないし、行動もしていない。
そんなチャンスを見逃す手はありません。

朝の真っさらな自己に新たな「潜在意識=気」を植えつけるのです。
昼や夜ではダメなのです。

新たな気分の「朝」こそが「気」を新たにする絶好の機会なのです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「朝の気」をフル活用して大成功したビジネスマン 中年からの人生成功術/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる