中年からの人生成功術

アクセスカウンタ

zoom RSS うなじをタオルで暖め肩こり改善

<<   作成日時 : 2010/06/07 14:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今日はうなじをタオルで暖め肩こり改善する方法をお知らせします。

うなじには、自立神経、動脈、風門のツボがあります。
そこをタオルで暖めることにより、肩こりや首の痛み改善に効果があります。

うなじには自律神経が通ってます。この自作神経が正常に働かないと、
頭痛や首の痛み、そして肩こりなどの症状が出てきます。

自律神経の調子をととのえるには、うなじを暖めるのが効果的です。
まず、うなじには、自律神経のバランスを整えるひとつの、
「スイッチ」があると考えられます。
うなじをあたためてスイッチが入れると、自律神経のバランスが整い、
頭痛をはじめとするいろいろな症状が改善されるのです。

次に、うなじには太い動脈がいくつも集まっています。
そこをあたためると血管が拡張されて、それまで流れの悪かった血液が、
スムーズに流れだすのです。

これにより、肩こりや首の痛み、頭痛が軽減されすのです。

さらに、血流がよくなると冷え症にも効果があるのです。
実際に、冷えているときにうなじをあたためたら、
朝起きたときに寝る前よりも、0.2度Cも体温が上がった人もいます。

また、冷え性の人には便秘を訴える人が少なくありません。

これは、体が冷えているせいで腸の働きが悪くなっているからだと考えられます。
冷え性の人がうなじを暖めると、血流がよくなり腸も暖かくなるので、
再び腸が正常に働き始めて、自然に便秘も解消されます。



うなじのツボ「風門」をあたためればカゼの予防・防止

うなじには風門と呼ばれているツボがあり、
全身をあたためる効果があります。
ですから、風門を刺激することによって、体があたたまるのです。

また、風門は、カゼなどのウイルスが体内に入り込む侵人口と
いわれています。
風門をあたためれぱ、カゼの予防、防止になるというわけです。

 このようにうなじをあたためると、「自律神経に働きかける」
「血流れをよくする」「全身をあたためる」という3つの効果があり、
それが、肩こり、頭痛や首の痛み、腰痛、カゼ、便秘、冷え症、
眼精疲労を改善させるのです。


暖めるうなじの場所:首の後ろ側の肩と頭の間で頚骨の両側

風門の場所:背中の肩甲骨近くの背骨の両側


----------------------------

「とにかく、この太い足をなんとかしたい!」
「むくみが酷くて、なかなか痩せられない!」と悩んでいませんか?

辛いダイエットはもうやめにして
1円も使わずに自宅で出来る「ある方法」で
エステ業界と同じ痩身効果を体感してみませんか?

この方法をたった7日間実践すると・・
デコボコだったお腹や太ももがスッキリしてスリムになれた!

・「ダイエットしてるのに、全然細くならない」
・「特に下半身を細くしたい」

もしあなたがそう思っていいるのでしたら、以下のレポートを見てください。

彩式排毒マッサージ自宅で手軽にセルライト除去痩身術!




----------------------------

天然パーマやクセ毛で髪型がまとまらなくて困っている人に

このDVDはストレートパーマなどに頼らずに体調を変えることで心地よい
感触の髪質に変えていく方法を教えてくれます。
23年もの実績と支持を得ている方法が公開されています。
地肌や髪にストレスを与えない 美しさを引き出すセルフほぐし!

----------------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ビリーズブートキャンプ
ビリーズブートキャンプでダイエットに成功しました〜少しの工夫でこの効果♪ビックリです ...続きを見る
ビリーズブートキャンプ
2010/06/19 13:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
うなじをタオルで暖め肩こり改善 中年からの人生成功術/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる