中年からの人生成功術

アクセスカウンタ

zoom RSS 背中伸ばしによる肩こり解消

<<   作成日時 : 2010/05/14 13:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、今日は背中伸ばしによる肩こり解消法についてお話します。


健康と背中(背骨)とは密接な関係にあります。
つまり、背骨の状態が健康に大きな影響を及ぼしています。
 背骨は内臓にも大きな影響を与えています。腎臓、肝臓、心臓、
胃、腸などの内臓は、私たちが意識してませんが、自律神経の
作用で、いつもちゃんとと働いています。
 しかし、背骨がゆがんでしまうと、そこを通る自律神経が圧迫され、
正常な働きが阻害されてしまうのです。
 その結果、胃の不調や便秘、生理痛、腎不全など、内臓のさまざま
なトラブルが起こりやすくなるのです。このような内科的な疾患のほか、
整形外科的な肩・腰の痛みやこりも背骨のゆがみが強く影響してい
ます。
 背骨がゆがむと、筋肉のバランスが悪くなり、負担が偏ってしまい、
局所的な緊張を招きこってしまうのです。
 たとえば、うつむきの姿勢を続ければ、首や背中が前方に引っ張られ、
緊張が続きます。それが、首から背中にかけてのこりとなったり肩が
こりとなるのです。そのほかにも、腰痛や膝痛、慢性疲労なども背骨
のゆがみが影響していると思われます。


背骨がゆがみやすい姿勢

1.ほおづえをついて座る

2.足を組んで座る

3.うつぶせに寝る

4.バッグを同じ側の肩にかけて歩く

5.頭を下にうつ向けて歩く


肩こりを改善する背中伸ばし体操

常に背筋を伸ばし、胸を張るなど姿勢を良くしていれば、背骨のゆがみは
十分防げます。

そのうえでおすすめするのが、背中伸ばしです、丸くなった背中を伸ばす
ようにすれば、自然に背骨のゆがみが矯正できます。そうなれば、
前述したような不快な症状も予防、改善できるでしょう。

特に肩こりを予防するには背中伸ばし体操を試してみてください。

この体操は、胸椎全体と背筋を伸ばす効果が大きく、肩こりの解消は
もちろん、背中の張りの改善にもすぐれています。

一日一回で良いですし、時間は1分もあれば十分です。症状が改善す
れば、もうつづける必要はないでしょう。また症状が再発したら、
そのとき再開すればよいのです。

 毎日つづける事で、背骨のゆがみが矯正され、自律神経の働きも
正常化してくるでしょう。
筋肉の状態もよくなれば、肩こりや腰痛といった不快症状もなくなって
いくでしょう。
個人差はありますが、1週間もつづければ効果を感じられるでしょう。


背中伸ばし体操のやり方

1.仰向けに両足を伸ばして寝る(枕はあったほうが良い)

2.体の横に添わした手の手のひらを床につけて、息を吐き出しながら、
両足を腰から持ち上げて頭の方まで持ってきてそのまま床に足の指先
を床につける。(苦しければ届く所まででもよい)

3.そのままの姿勢で息をとめて、しばらく我慢する。

4.苦しくなったら、元の仰向けに寝た状態に戻し脱力し、
しばらく深呼吸する。

つづく


健康に関するリンク
妊娠前よりキレイになれる!頑張らなくていい産後ダイエット!
魅せる体へ触るだけで消えるセルライト痩身術!
痛風を治す為に本当に大事な事
アレルギー緩和事典
新陳代謝を活性化して無理なくダイエット
うつ病改善マニュアル
便秘スッキリ、すっぴんスリム美人
おうちでモリモリ視力アップ!パ^フェクトアイ
DVD脱力!肩こり、腰痛、便秘卒業マニュアル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
背中伸ばしによる肩こり解消 中年からの人生成功術/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる