中年からの人生成功術

アクセスカウンタ

zoom RSS 優れた営業マンが契約をまとめるテクニックその5

<<   作成日時 : 2010/05/04 10:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

優れた営業マンが契約をまとめるテクニックのつづきです。

契約書は商品名、数量、価格、納期など、お客さんがサインをする時に確認する重要なポイントだけをその場で記入し、他の細かい部分は後で書く様にします。


細かいことを後にする理由は、やはりお客さんに余計なことを考える時間を与えない為です。

手続きをスムーズに進める為には事前に準備はきちんとしておきます。

例えば筆記用具は必ず点検しておきましょう。

契約書に書き込もうとしたらボールペンのインクが切れていたなどというのは、セールスマンとして最低です。


訪問販売の場合、※クーリングオフなど契約上の重要な条項は、口頭でお客さんに説明することが法律で定められています。

(※注記)クーリングオフとは訪問販売や電話勧誘販売など、法律に定める無店舗販売業者と売買契約を結んだ場合、一定の期間内なら消費者が無条件、且つ一方的に契約を解除出来る制度。

訪問販売の場合契約解除出来るのは、正式な契約書を受け取ってから8日以内。


私の場合は目を通してもらいたい契約の条項を、ペンで示しながら説明する様にしています。

その様にして丁寧に説明しておけば後日問題になることもありません。


さあ、これでセールスは成功です。

セールスマンの気持ちとしてはグズグズしているとお客さんの気が変わるかも知れないので、一刻も早くおいとましたいと思いますね。

しかしその気持ちをグッと堪えてください。

「契約書にサインをもらったのだから、もうお前には用は無い」と言わんばかりに早々に引きあげると、残されたお客さんは「やはり騙されたのではないか」などと不安になります。

そしてその結果、クーリングオフにつながったりします。

ですから契約が終わった後も最低5〜10分程度は世間話などをして、それからおいとまする様にしてください。


営業に関するリンク
相手の心を読み取る魔法
中年人生成功術 記憶力を高める方法
中年人生成功術 最高のセールスマンになる方法再販権付
ジャーナリストとして成功する秘訣■マスターリセールライト/再販権付
仕事と家庭を上手に整理整頓する秘訣
営業が苦手でも営業の極意を120分でマスターして、明日から営業成績を向上させる5つの実践手法
人を魅了するスピーチ法

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
優れた営業マンが契約をまとめるテクニックその5 中年からの人生成功術/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる