中年からの人生成功術

アクセスカウンタ

zoom RSS つらい五十肩の治りを早める方法

<<   作成日時 : 2010/05/19 17:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はつらい五十肩の治りを早める方法についてお話します。


 五十肩は上着に腕を通そうとしたり、胸や尻のポケットに手を入れようとしたり、
あるいは後ろにあるものをとろうとしたときなどに肩に痛みが走って、思うように
動かせなくて気がつくことが多いものです。

 特徴としては、痛みがひじのほうまでくる、お風呂に入るとウソのように楽になる。
夜寝ているときに痛むなどがあげられますが、こうした症状があって、外傷や熱もなく、
40〜60才前後の年齢であれば、五十肩の可能性が大きいと考えられます。

 五十肩は結果的に完治したり痛みが無くなる病気との事です。

 しかし、数カ月で治る人と数年間苦しむ人がいるそうです。
 では、その違いは、どこにあるのでしょうか?

 それは、病気の初期から、次のような運動をして関節を固まらせない努力をしている
かいないかによるものです。

 夜寝る時に痛みのために寝られなかったり、夜中に何回も目が覚めたりなど、
何年間も不眠が続くと、ほとほと参ってしまうものです。

 病院での診断がつきしだい、直ちにこの運動を開始してください。

キーワードは3つ、「あたたかくして」「自分で」「動かす」です。

 以下の運動を風呂上りに行うと効果的です。


肩回し運動の行い方

1.ひじの開閉
  イスに浅く腰かけ、後頭部の首の付け根あたりで両手を組む。
  その姿勢で両ひじをゆっくり羽ばたくように真横に開いたり閉じたりする。

2.背中こすり
  背もたれのないイスにすわり、腰のあたりで、後ろ手に甲側が背中につくように両手を組む。
  肩に痛みがあるほうの手をもう一方の手で、できるだけ高い位置まで引っぱり上げる。
  背中をこするようにして引き上げていくのがコツ。

3.腕伸ばし
  イスにすわり、手のひらが上に向くように両手の指を組み、
  そのままひじがまっすぐ伸びるように頭上に持ち上げる。

以上を10回程度風呂から上がったときに行えば、五十肩の治りが早まり、再発も防止できます。


健康に関するリンク
肩こり解消 法なら肩凝り解体新書<a/>
肩こり解消プログラム<a/>
「頭痛の痛みを取り除くのは簡単です。」日本頭痛学会名誉会員・朝倉教授ご推薦!薬を使わずに頭痛を治す【〜誰も知らなかった頭痛の治し方〜N.H.R頭痛解消法】
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法<a/>
これで最後 さわるだけで消えるセルライト痩身術
地肌や髪にストレスを与えない 美しさを引き出すセルフほぐしDVD
妊娠前よりキレイになれる!頑張らなくていい産後ダイエット!
アレルギー緩和事典
新陳代謝を活性化して無理なくダイエット

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
つらい五十肩の治りを早める方法 中年からの人生成功術/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる