中年からの人生成功術

アクセスカウンタ

zoom RSS 疲れを取る方法 その12【快眠のコツ】

<<   作成日時 : 2009/04/14 20:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

【快眠のコツ】

・空腹睡眠。寝る前に食事を取ってしまうと、その消化活動のために血液が胃や腸に集中して交感神経を働かせてしまい、翌朝には疲労感を残したままの目覚めになってしまう。社会人が疲労回復のためにとる睡眠は、「空腹状態」での睡眠が理想。

・理想の枕。頭の部分がへこんでいて、首の部分はしっかりとフィットして支えてくれる形。中身の素材はソバガラかビーズ状のもののほうが枕に熱がこもらなくて良い。

・脱力していくイメージをする。方法は、まず仰向けに寝て、一番楽で自然な姿勢になるように手足を開く。ゆっくりと腹式呼吸するが、腹式呼吸がわかりにくい人はお腹の上に手を置いて上下しているか確かめる。次に、両手を伸ばして手のひらを上向きにする。目は閉じて口は軽く開く。そうしたら、足のつま先に意識を集中し、「つま先の力が抜けていく」と考える。その次は「膝から下」「足全部」と続けて頭まで順に脱力していく感じを意識する。全ての力が抜けたと感じたら、そのまま10分ほどリラックスした状態を保つ。これはヨガで「屍のポーズ」と呼ばれる基本的なリラックス法である。

・睡眠リズムにのっとって眠る。人間は、レム睡眠とノンレム睡眠を90分おきに繰り返している。このリズムで、ノンレム睡眠のときに起きようとすると脳はすぐには機能しない。レム睡眠の間に起きるほうが目覚めが良い。自分が起きなければならない時間から逆算して、レム睡眠時に起きるようにする。

・マントラ療法で暗示をかける。自己暗示をひたすらかける。「私の疲れは取れる」とか、「一晩眠れば元気は回復」など、なんでもそうなりたいことをひたすら集中して唱えるだけ。就寝前の習慣にすると良い。

・眠っても疲れが取れないとき。肉体的疲労より精神的疲労が大きいため、眠りが浅くなっていることが考えられる。熟睡のため、肉体を疲労させてみるのも手である。縄跳びなどを毎日5分続けてみる。長時間やるよりも、続けることが大事である。


朝の疲れを取る方法
疲れを取る方法その2 全身の疲れに
疲れをとる方法その3「肩&首の凝りに」
疲れを取る方法その4「腰&背中の痛みに」
疲れをとる方法その5 「疲れ目・頭痛を改善する方法」
疲れを取る方法 その6「手足の重み、むくみに」
疲れを取る方法 その7「座りっぱなしの足の疲れを取る方法」
疲れを取る方法 その8【頑固な足の疲れは寝る前に取る】
疲れをとる方法 その9 お腹からのSOSに【内臓全体の快調ワザ】
疲れをとる方法 その10【食欲不振に効く食べ物】
疲れを取る方法 その11「入浴と睡眠」
疲れを取る方法 その12【快眠のコツ】
疲れを取る方法 その13【不眠解消】
疲れをとる方法 その14「イライラ、憂鬱に。」
疲れを取る方法 その15【落ち込み気分の回復術】
疲れをとる方法 その16【ストレスを緩和する食べ物】
疲れをとる方法 その17【心を静める呼吸法と瞑想法】
疲れをとる方法 その18 【心が安らぐ空間作り】
疲れを取る方法 その19 スポーツ、遊び疲れに
疲れをとる方法 20 疲れが招く危ない症状
疲れをとる方法 21.【我慢できない不快な症状に】
疲れをとる方法 22.【放っておくと危険な症状】

腰の痛みの克服法
つらい腰の痛みを取りのぞく方法
つらい腰の痛みを取り除く方法その2

疲れを取る食べ物その1納豆



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
つらい腰の痛みを取りのぞく方法
私は40代の頃にギックリ腰になったことがあります。 ...続きを見る
中年からの人生成功術
2015/12/20 22:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
疲れを取る方法 その12【快眠のコツ】 中年からの人生成功術/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる